自宅でドラムの練習は難しい?電子ドラムならば自宅でも練習できるってホント?

大人になってから始める方が増えているドラムですが、演奏時に音だけでなく振動も伴うという特徴があるため、自宅でドラムの練習はかなり難しいと言われています。実際に、マンションなどに住んでいる方が何の対策も行わないままドラムの練習をすれば、ほぼ確実に騒音トラブルになってしまうことでしょう。しかし、ドラムなどの楽器の上達は、練習時間に比例するものですので、本気で学ぶ場合には、自宅での演奏がどうしても必要になります。そういった場合、自宅の一室にドラムに対応した防音室を作る必要があると言われるのですが、ドラムの防音にまでなると、500万円以上のコストがかかるといわれ演奏を諦めてしまう…という方も少なく無いようです。

そこで近年一気に注目されているのが『電子ドラム』を購入して練習するという方法です。電子ドラムは、自宅で叩いでもご近所に迷惑をかけることもなく、楽器の上達を目指す事ができると言われているのですが、果たしてその情報は本当の事なのでしょうか?
ここでは、電子ドラムを購入する前におさえておきたい基礎知識をご紹介していきたいと思います。

電子ドラムは自宅で叩いても大丈夫?

それではまず、「電子ドラムならば自宅で演奏しても大丈夫なのか?」と言う点から考えていきましょう。通常のドラムセットであれば、よほど住宅や周囲の環境が整っていなければ、近所迷惑すぎて自宅での演奏などもっての外です。

そこで近年では、自宅でも演奏が可能と電子ドラムの人気が急上昇しています。結論から言っておきますが、電子ドラムであれば、下で紹介するポイントさえ注意しておけば、自宅で演奏したとしても全く問題ありません。というのも、電子ドラムは、ヘッドフォンやスピーカーにつながなければドラム音がでません。また、ドラムを叩くことによる音に関しても、外に出ないようにシャットアウトしたり、音量を小さく調整することも可能ですので、生のドラムセットとは比較にならないほど静かに練習することができるのです。

ただし、叩くことには変わりありませんので、ポコポコという音は生じてしまいますし、一人暮らし用の1Rなど、隣家との距離が非常に近い場合には注意が必要です。

集合住宅なら階下への防振対策は必要!

上述のように、電子ドラムは生じる音量の調節ができるため、ご近所に配慮しながら自宅でも練習することが可能です。ただし、集合住宅で演奏する場合には注意が必要です。

それは、ドラムは足踏みを使って演奏するという特徴があるため、それにより階下に振動が伝わってしまうと言う点です。そして、この足踏みによる振動音は結構うるさいもので、分かりやすく言えば、上の階から子供が走り回る足音が聞こえてくるようなものなのです。こういった集合住宅での足音は、裁判沙汰にまで発展したこともありますので、注意しなければいけません。

例えば、電子ドラムを導入する方の部屋が、マンションやアパートの2階以上の場合、1階の部屋に振動による音が伝わらないように、しっかりと防振対策を行うようにしてください。近年では、ホームセンターやネット通販などで防振対策グッズが販売されていますので、そういったものを購入し対策するのも良いでしょう。ただし、演奏する時間が夜がメイン…などという場合、簡易防音では苦情が出てしまう恐れがあるの、専門業者による床の防音対策がおすすめです。

意外にスペースをとる

電子ドラムを購入する前にもう一つ知っておきたいポイントとしては、設置には意外にスペースをとるということです。通常のドラムセットと比較すれば小さくなるのですが、電子ドラムでもそれなりの大きさになるので、部屋のスペースは圧迫されてしまいます。

サイズの参考としては、電子ドラムセットとイスまでを含めて「縦×横:約120cm×約130cm」が一般的です。ただし、上位モデルになるともう少し大きくなり「縦×横:約160cm×約160cm」ぐらいになりますので、設置できるスペースがあるのかはしっかりと確認しておかなければいけません。

なお、ほとんどの電子ドラムセットに関しては、収納の事が考えられており、内側にたたむことで小さくする事が可能です。ただし、演奏のために出したりしまったりするのは面倒に感じる方が多いですし、一度片付けてしまうと、開くのが面倒で練習しなくなる…なんて方もいると言われています。したがって、本気でドラムの上達を考えるのであれば、広げたまま設置して置ける場所を作るのがオススメです。

電子ドラムを選ぶときの注意点

それでは、実際に電子ドラムを購入する際の注意点もご紹介していきましょう。一昔前までは「電子ドラムだとドラムが上達しない…」なんて声が良く聞こえましたが、最近であれば、全くそのようなことはありません。確かに、電子ドラムはあくまで電子楽器のため、生のドラムと全く同じ楽器で練習ができているとは言えないでしょう。しかし、最新モデルの電子ドラムであれば、表現力、叩き心地、音が耳に届くまでのラグなど、ほとんど生のドラムと変わらないレベルにまでなっていると言われています。

実際に、プロのドラマーでも自宅での練習用に電子ドラムを使用しているという事例が多くなっています。ただし、ドラムの上達を目的として電子ドラムを購入する場合には、いくつかの注意点が存在します。

価格帯を重視して購入すべき

電子ドラムは、安いもので数万円程度のものが存在します。練習用に購入する場合であれば、「とりあえず安いものを購入しよう…」などと考えてしまうものですが、実はドラムの上達を考えた場合、この判断方法は間違いなのです。

電子ドラムは、メーカーや価格によって搭載機能などがかなり変わります。さらに注意しておきたいのは、ある程度の値段以上のものでなければドラムとはかけ離れた楽器になってしまうという特徴があるのです。例えば、最も安価な電子ドラムは、コンパクトなモデルになっており、設置に大きなスペースが必要ないというメリットがあるものの、本物のドラムのような演奏方法ができなくなるのです。分かりやすく言えば、シンバルなどがついていないことから、叩きたい曲があっても叩けないフレーズがあるなど、ドラムの練習に制限がかかってしまうことになり、上達の妨げになってしまう恐れがあるわけです。

もちろん、安価なモデルは全てダメだというわけではないのですが、ご自身の電子ドラムを購入する目的をよく考えておかなければ、無用の長物…になってしまう恐れがあると考えましょう。電子ドラムを購入する時には、自分が演奏したい曲に対応できるモデルなのかなど、価格面から考えていくのがオススメです。

最初に買い切ってしまった方がお得の場合が多い

電子ドラムは、購入した後から、必要に応じて「シンバルを追加する…」「パッド部分や音源など互換性のある上位パーツに交換する」などと言った感じに、カスタマイズできるアイテムです。したがって、最初は安価なモデルを購入して、後から追加したり、グレードアップするなんて方が多いように思えます。

しかし、最終的なコストを考えると、購入時点で必要なものをそろえておく、ある程度の上位モデルを購入する方がお得な場合が多いです。セットで購入すれば、数千円で上位モデルにできていたりしますし、物によっては後からグレードアップできなかった…なんて場合も考えられるわけです。

したがって、ご予算が許すのであれば、後からのグレードアップを考えるよりも、少し先を見据えて買い切ってしまう方がお得になる場合が多いと考えましょう。

まとめ

今回は、自宅でも周辺住人にあまり迷惑をかけることなく演奏が可能な電子ドラムの基礎知識についてご紹介してきました。ドラムは、楽器の中でも非常に高い人気を誇るものですが、非常に大きな音が出るうえに、振動も伴ってしまうという特徴があるため、自宅での演奏が非常に難しい楽器の一つと言われています。実際に、防音室を作る場合には、ピアノや金管楽器などと比較しても、ドラム用の防音工事のほうがかなり高額になってしまいます。

こういった事から、ドラムの上達を目指したいけれど、練習時間をなかなか確保できない…と悩んでしまう方が多いようです。しかし近年では、電子ドラムが生のドラムに近づいてきたことから、自宅でも騒音トラブルの心配もなく練習をすることが可能になっていると言われます。
今まで、騒音問題から自宅でのドラム演奏を諦めていた…という方は、この記事でご紹介した内容を参考に、電子ドラムを購入してみるのも良いのではないでしょうか?

スタッフ A

大阪で20年間にわたって防音工事に携わってきました。
防音工事に関しての事、音に関する豆知識などを配信しております。

古民家再生ショールーム防音工事の匠はショールームがあります

ピアノ防音室

実際に防音工事の匠が施工した防音室で防音性能を体験することで、当社の防音室の機能・音響などを体感していただけます。
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物にショールームがある会社さんが多い中、特に施工後にショールームと性能や音の反響がちがうといったトラブルが戸建てのお客様に多い業界ですが、町家再生事業として難易度の高い防音室を防音性能が最も出にくいとされる木造町家のショールームをご用意いたしました。

このページの先頭へ