防音工事の費用

防音工事の匠での防音工事価格表です。ご要望によって仕様やデザインも異なり費用も変わります。 まずは、当社へご相談ください。簡易測定・お見積りは無料で承ります。

マンションなどの個人宅防音RC/SRC造の防音工事費用

グレード 遮音性能 想定用途 価格目安(6畳)
外壁・界壁 室内
遮音補強
ASK
仕事部屋、外部騒音対策
オーディオ・シアタールーム等
80万円~
ベーシック
D-60
D-45
ピアノ、バイオリン、
木管楽器、
オーディオ・シアタールーム等
210万円~
ハイグレード
D-65
D-50
ピアノ、
サックス、金管楽器等
265万円~
スーパーグレード
D-70以上
D-55以上
ピアノ(24時間演奏対応)
320万円~

上表は、RC造(鉄筋コンクリート造)、SRC造(鉄筋鉄骨コンクリート造)の個人宅で防音室を作る場合の費用目安です。なお、表示価格には「解体工事・照明器具・サッシ・空調」などの費用は含まれていません。ご希望のお客様には、オプション工事にて承りますので予めご了承ください。

『D値』に関しては、コチラでご確認ください。

戸建て住宅などの防音室木造・鉄骨造の防音工事費用

グレード 遮音性能 想定用途 価格目安(6畳)
外壁・界壁 室内
遮音補強
ASK
仕事部屋、外部騒音対策
オーディオ・シアタールーム等
80万円~
ベーシック
D-60
D-45
ピアノ、バイオリン、
木管楽器、
オーディオ・シアタールーム等
170万円~
ハイグレード
D-65
D-50
ピアノ、
サックス、金管楽器等
320万円~
スーパーグレード
D-70以上
D-55以上
ピアノ(24時間演奏対応)
370万円~

戸建住宅や低層アパートなど、木造や鉄骨造の建物の場合、上表が費用目安となります。
こちらも、「解体工事・照明器具・サッシ・空調」などの費用は含まれていませんので、ご希望のお客様はオプション工事となります。 一般的に、鉄筋コンクリート造の建物と比較すれば、隙間が多くなってしまう木造の方が防音工事のコストが高くなってしまいます。

『D値』に関しては、コチラでご確認ください。

プロ仕様の録音スタジオにも対応します

その他、プロ仕様の録音スタジオなどに適したスーパーグレード仕様のD-70遮音性能レベルもご用意。防音工事の匠のプロユースプランでご相談をお受けします。

防音室のグレードプランの内容について

それぞれの防音工事プランは、以下のような工事内容となっています。「防音の目的」や「対象の音」などによって必要な防音工事が変わってきますので、ご自身の悩みを解決するためにどのような工事が必要になるのか考えてみてください。

遮音補強プランお問い合わせください

遮音補強プランは、テレワークへの対応のため、既存の壁や窓に防音対策を行う、外部からの騒音の侵入を少なくしたいなど、部分的な防音対策を希望するお客様へのご提案となります。

楽器演奏を目的とした防音室のように、『浮遮音層※1』などは作らず、既存壁や床、天井などに吸音材や遮音材を足して防音性能を向上させるとか、窓を二重窓にすることで、空気伝搬音の遮音補強を行うようなプランとなります。幹線道路沿いの住宅で、外から侵入する騒音を少なくしたい、ペットを飼っていて近隣住宅に配慮したいなどと言った要望であれば部分的な遮音補強が適していると思います。

ただし、楽器演奏などの大音量や振動への対策としては十分とは言い難いため、そういった要望があるお客様は下で紹介するプランがオススメです。現在、『防音工事の匠』に頂くお問い合わせでは、以下のようなご要望が多いです。

  • テレワークやリモート学習用に集中できる部屋が欲しい
  • ペットを飼い始めたから床と壁の防音をしたい
  • 在宅時間が増え、外からの騒音が気になるようになってきた
  • 上階から聞こえてくる足音が気になる etc

ベーシックプラン遮音性能:Dr60~

べーシックプランは、主にピアノ、バイオリンなどの弦楽器、クラリネットなどの演奏とオーディオルームなどの用途を想定した防音室です。RC造・一般的な住宅の場合、夜間を除けば外への音漏れで騒音樽ブルになるような心配はほとんどありません。

ベーシックプランは、吊金具を使用した防音吊天井や遮音パネルを使用した内部浮き壁を施す本格的な防音仕様となっており、空気伝搬音だけでなく固体伝搬音までの対策が可能な防音室に仕上がります。なお、床に関しても複層吸音材を用いた浮床にしますので、防音室が浮いた状態になり、振動をカットすることができますので、マンションなどでも階下にほとんど影響を与えません。

  • 床:
  • 壁:
  • 天井:
  • 建具:
  • 電気配線:
  • 換気扇:

ハイグレードプラン遮音性能:Dr65~

ハイグレードプランも、防振支持によって建物の躯体から防音室を浮かせた状態にする「Box in Box(ボックスインボックス)工法」となります。ベーシックプランと比較すると、遮音ドアを二重にするなど、開口部からの音漏れ対策をより強固にしています。また、壁面に関しても、遮音パネルをプラスしてより高い防音性能を実現しています。床には防音ゴムを設置して、個体伝搬音をしっかりとカットしています。

夜遅くまでピアノの演奏を行いたい方やサックス・トランペットなど、音量の大きな楽器演奏を想定した防音室となります。

  • 床:
  • 壁:
  • 天井:
  • 建具:
  • 電気配線:
  • 換気扇:

スーパーグレードプラン遮音性能:Dr70~

近隣の住環境が非常に静かな場合や、24時間いつでもピアノの演奏ができるようにしたいなど、より高い遮音性能を求める方に向けたプランとなります。 壁は、ハイグレードプランからさらに厚みを調整して遮音性をより高めています。さらに、遮音ドアを二重、サッシを三重にすることで、強力に空気伝搬を遮音するしようとなっています。なお、24時間演奏を想定した防音室を作る場合、周囲の騒音レベルなどをしっかりと測定しておくことが非常に大切になります。測定結果から、必要な遮音性能を正確に設計する必要はありますので、お客様の享禄も欠かせません。
  • 床:
  • 壁:
  • 天井:
  • 建具:
  • 電気配線:
  • 換気扇:

よくある質問防音室の費用について

相見積もりを取っても構いませんか?

もちろん構いません。
通常、防音室の工事を行う場合、2~3社程度の相見積もりを取って見比べするものだと思います。

見積りや現地調査で費用がかかりますか?

関西2府4県(大阪、京都、兵庫・神戸、滋賀、奈良、和歌山)を中心に防音工事を対応しており、関西エリアであればお見積りと現地調査は無料にてお伺いしています。弊社対応範囲外の遠方になる場合は、交通費のみ頂く場合がございますので、あらかじめお問合せください。

リフォームローンは使えますか?

防音工事をはじめ、住宅リフォーム費用が高額になる場合、リフォームローンの利用を検討されるお客様も少なくありません。
弊社では各種リフォームネット提携ローンがご利用いただけます。

その他、リフォーム・リノベーションに関するお問い合わせ、ご相談もお気軽にどうぞ

古民家再生ショールーム防音工事の匠はショールームがあります

ピアノ防音室

実際に防音工事の匠が施工した防音室で防音性能を体験することで、当社の防音室の機能・音響などを体感していただけます。
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物にショールームがある会社さんが多い中、特に施工後にショールームと性能や音の反響がちがうといったトラブルが戸建てのお客様に多い業界ですが、町家再生事業として難易度の高い防音室を防音性能が最も出にくいとされる木造町家のショールームをご用意いたしました。

このページの先頭へ