子供にピアノを習わせたい!そもそもピアノっていくらぐらいするものなの?

お子様の習い事として、昔から人気なのが『ピアノ』ですよね。この記事を読んでいる方の中には、自分が子供のころにピアノを習っていて、大人になった今、お子様にもピアノを習わせたいと考え始めたという方もいるのではないでしょうか?

しかし、習い事としてピアノを始める場合、誰もが気になってしまうのが「ピアノの習い事はお金がかかりそうだ…」ということではないでしょうか?教室に通わせる場合に、毎月の月謝が必要になりますし、本格的にピアノの練習をさせるとなれば、自宅でもピアノを弾ける環境を作ってあげなければいけません。ということは、自宅に設置する用のピアノを購入しなければならないということなのですが、ピアノの価格に関しては、「高そうだな」というイメージはあるものの、実際にどの程度の費用になるのかが全く想像できないという方が多いと思います。

そこでこの記事では、お子様の習い事としてピアノを選択する場合、自宅にピアノを導入する場合に必要になる費用を簡単に考えていきたいと思います。

一般的なピアノの平均相場について

それでは、一般的なピアノの平均価格相場をご紹介していきましょう。自宅にピアノを設置する場合には、『グランドピアノ』『アップライトピアノ』『電子ピアノ』の3つの候補の中から選択することになるでしょう。そこでまずは、この3つのピアノに関して、新品で導入した場合の平均価格相場をご紹介しておきます。

グランドピアノ

まずは、ピアノの王様であるグランドピアノです。全くの素人で、初めてピアノに触れるお子様のために購入するにはかなりハードルが高いのですが、一応グランドピアノの相場も簡単にご紹介しておきます。

日本国内における、グランドピアノの人気ブランドと言えば「ヤマハ」と「カワイ」の名前が上がりますね。この2大ブランドに関しては、海外での評価も非常に高く、日本国内だけにとどまらず、世界中で広く使用されています。
ご自宅にヤマハやカワイのグランドピアノを導入する場合には、「100~300万円程度」が平均相場だと考えておきましょう。

アップライトピアノ

次はアップライトピアノです。お子様にピアノを習わせるために購入する場合は、アップライトピアノと下で紹介する電子ピアノが主流ですね。

アップライトピアノに関しても、「ヤマハ」と「カワイ」が2大ブランドとして高い人気を誇っています。なお、アップライトピアノの場合、2大ブランド以外にも「大橋ピアノ」や「フリッツクーラー」などの老舗ブランドもそれなりに人気があります。
購入費用に関しては、グランドピアノのおよそ半値程度になり「40~100万円程度」が平均相場と言えるでしょう。

電子ピアノ

最後は電子ピアノです。電子ピアノの場合、鍵盤が非常に軽いため、小さなころから練習させるのに非常に適しています。また、ヘッドホンなどを装着して練習させれば、近隣住民に迷惑をかけることが無いと言う点も、マンション暮らしが増えて近年で嬉しいポイントになります。

電子ピアノの人気ブランドとしては、「ヤマハ」と「カワイ」の2大ブランドに加えて「ローランド」や計算機でお馴染みの「カシオ」などがあります。購入する場合の費用に関しては、搭載されている機能によって大きく異なるのですが、上で紹介した本格的なピアノよりはかなりお手頃です。電子ピアノの平均相場は「5~20万円程度」と考えておきましょう。

中古で購入すればかなり安くなる!

各種ピアノの平均相場は上述した通りです。電子ピアノではなく、グランドピアノやアップライトピアノをお望みの場合、それなりのコストがかかってしまうことになります。ただし、上記の価格に関してはあくまでも『新品』で購入した場合の価格で、「特に新品には拘らない…」という方であれば、中古市場でピアノを探すと良いでしょう。以下に、中古の場合の平均価格相場もご紹介しておきます。

グランドピアノの平均中古相場

グランドピアノに関しては、新品よりも中古を好む方も少なくありません。というのも、現在では大量生産方式が採用されているグランドピアノですが、一昔前までは、一台一台が「手作業」で製造されており、修理や修繕を重ねる度に味わい深くなる『一生もの』の楽器として扱われていたのです。したがって、年季の入ったグランドピアノに関しては、新品よりも中古品の方が高額になってしまうというレアなケースもあるのです。なお、大量生産方式の現在では、消耗品の扱いですので、中古品の方が安くなります。

グランドピアノに関しては、上述のように、一概に「中古品が安い」とは言えないのですが、近年製造されているグランドピアノであれば、『新品の半値程度』が中古品の平均相場と考えておきましょう。

アップライトピアノの平均中古相場

アップライトピアノに関しても、上述のグランドピアノと同じ理由で新品よりも中古を好む方が一定数存在します。そのため、手作りで製造されていたころのアップライトピアノに関しては、新品よりも中古の方が高価になってしまう場合があるのです。

ただし、現在販売されている大量生産方式のアップライトピアノであれば、【10~20万円程度】が平均相場と、非常に安価で購入することができるようです。

電子ピアノの平均中古相場

電子ピアノに関しては、前述の2種類とは異なり、新しいモデルが好まれます。電子ピアノは、毎年のように多くの種類が販売されており、新しい物には新たな機能が加わり、便利になることが多いからです。

したがって、電子ピアノの中古市場は、入れ替わりも非常に早く、中古の相場も崩れるスピードが速いです。基本的に、販売されてから何年経過しているのかが電子ピアノの中古相場に影響を与えると言われており、発売から5年未満のモデルで5万円前後、それ以降のモデルだと2万円前後まで価格が落ちると言われています。

防音工事が必要かも

ここまでの説明で分かるように、お子様の習い事のためにピアノを購入する場合には、それなりのコストを覚悟しなければいけないでしょう。電子ピアノであれば、そこまで大きな負担ではないと思いますが、本格的にピアノの上達を考えている場合は、アップライトピアノやグランドピアノが必要になり、多額のコストがかかってしまいます。

さらに、自宅でピアノを弾かせる場合には、近隣住民に配慮して防音工事が必要になることも珍しくありません。特に、マンション暮らしの方が増えた現在では、日中にピアノを弾かせていたとしても、音が響いてしまい、苦情につながってしまう…なんてことも多いと言われています。戸建住宅でも、隣家との距離によっては防音工事が必要になる場合もあるでしょう。

ピアノの防音に関しては、どこまでの工事を行うのかによって費用がかなり違ってきます。昼間しか演奏させないため、そこまで本格的な防音は必要ない…という方であれば、数万~数十万円程度で対策が可能かもしれませんが、本格的な防音室を作る場合には、150~300万円程度が相場となっています。もちろん、防音工事を施す既存建物の状況や周辺環境によって必要な対策が異なりますので、詳細な費用は専門業者に現地調査をしてもらう必要があります。

このように、本格的にピアノを習わせる場合には、それなりのコスト負担を覚悟しなければならないと考えておきましょう。

スタッフ A

大阪で20年間にわたって防音工事に携わってきました。
防音工事に関しての事、音に関する豆知識などを配信しております。

古民家再生ショールーム防音工事の匠はショールームがあります

ピアノ防音室

実際に防音工事の匠が施工した防音室で防音性能を体験することで、当社の防音室の機能・音響などを体感していただけます。
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物にショールームがある会社さんが多い中、特に施工後にショールームと性能や音の反響がちがうといったトラブルが戸建てのお客様に多い業界ですが、町家再生事業として難易度の高い防音室を防音性能が最も出にくいとされる木造町家のショールームをご用意いたしました。

このページの先頭へ