カラオケ用防音室

防音工事の匠では、大手カラオケボックスチェーン店様からも、近隣に対する配慮のための防音工事を施工させていただいています。
コロナ禍で在宅時間が長くなっている現在、ご自宅でカラオケを楽しむため、防音室を設置されるお客様が増えており、弊社でもたくさんのカラオケルームのご依頼をいただいています。
弊社では、商業用の本格的なカラオケルームの施工はもちろん、一般住宅でカラオケを楽しむための防音室の施工まで承っています。

カラオケ防音室の特徴防音工事の匠

昨今、自宅でカラオケを楽しみたいというお客様が増えており、一般の戸建て住宅やマンションなどの集合住宅にカラオケルームを設置される方が増えています。
新型コロナウイルスの影響により、在宅時間が長くなった現在では、カラオケだけでなくテレワークにも利用できるなどと、弊社にもカラオケルームを設置したいというお客様からの要望が非常に増えています。
防音工事の匠は、大手カラオケボックスチェーン店様からのご依頼で、近隣に対して配慮するための防音工事も沢山施工させていただいており、お客様のご要望に合わせて、最適なカラオケルームを低コストでご提案させていただいています。
カラオケルームは、基本的に人が発する声の対策になるのですが、マイクを通した音量になるので、最大音量は100dBを優に超えるほどの音量となります。
そのため、近隣に配慮することを考えた場合、戸建て住宅でDr65、マンションなどの集合住宅になるとDr75をクリアするほどの、高性能な防音室を設置するのが最低条件と考えておきましょう。
通常の人の話し声は、60dB程度ですので、窓の防音対策などで十分防ぐことができるのですが、マイクとスピーカーで拡張されるカラオケルームは、楽器防音室並みの性能が必要になるわけです。
また、カラオケールームの施工を行う際には、スピーカーなどの機材の設置も注意すべきです。一般的には、スピーカーを防振ハンガーゴム付きの物で天井から吊り下げ、モニターを壁付けするといった施工が多いです。
さらに、カラオケの雰囲気を楽しむため、家庭用とは異なる照明やミラーボール、調光照明などを取り付けるケースが多いのですが、この場合、壁や天井について、下地補強なども必要になります。
その他には、長時間防音室内でカラオケを楽しむための空調設備の設置や、各種電気配線、カラオケマシーンの設置など、機器の取り付けや設置に際して綿密なお打ち合わせをさせていただきます。
そうすることで、家庭用カラオケルームとは思えないほど、オシャレな防音室に仕上がります。

コロナ禍の現在では、カラオケルームをテレワーク部屋として利用する方も多いのですが、その場合、ネット環境に関しても事前にお打ち合わせが必要です。
防音室は、家庭用Wi-Fiが入らないケースが多いので、防音室の用途によってはインターネット環境もきちんと整備しておかなければいけません。
防音工事の匠は、楽器防音室の施工だけでなく、各種音楽スタジオや大手カラオケボックスの防音室などを数多く手がけています。そのため、防音性能だけでなく、最大限カラオケを楽しむための音響プロデュースもお任せください。

プラン別施工費例防音工事の匠

性能保証

確かな防音施工法で高性能な品質を提供させて頂き、実績ある防音工事会社の中で業界一の低価格を実現させて頂いております。 ですから、品質に厳しい放送局様、役所関係、医療関係、大手電機メーカー様、大手住宅メーカー様から毎年のように繰り返し工事をご依頼頂いております。

性能保証

確かな防音施工法で高性能な品質を提供させて頂き、実績ある防音工事会社の中で業界一の低価格を実現させて頂いております。 ですから、品質に厳しい放送局様、役所関係、医療関係、大手電機メーカー様、大手住宅メーカー様から毎年のように繰り返し工事をご依頼頂いております。

他社との違い防音工事の匠

防音工事の匠では、大手カラオケチェーン店様のカラオケルームなどの防音工事も多く手掛けています。
したがって、「自宅でカラオケを楽しみたい!」など、個人様用のカラオケルームに関しても、本格的なカラオケボックスと変わらない防音仕様で施工をすることが可能です。
弊社のカラオケ用防音室は、100dBを超えるような大音量にも対応でき、さらにスピーカーを通して発するドラムなどの重低音による振動にも強い構造を実現しています。
カラオケ用防音室でも、楽器用防音室並みの性能を発揮するため、浮き構造で防音室を作るほか、心地よい響きの音響環境もご提供させていただきます。
防音工事の匠は、防音工事業界だけでなく、年間1,000件以上の店舗工事に関わる建築会社のノウハウも併せ持っていますので、材料コストの削減などにより、一般的なカラオケルームの3~4割ほど安い相場で防音工事をご提供しています。
もちろん、防音工事の内容は、壁、床、天井の防音対策はもちろんとして、お客様の趣味に合わせた化粧仕上げや防音ドア・サッシの取り付け、防音換気扇や空調の配管工事、各種電気配線に音響づくりなど、全て含んだご提案をしております。
防音工事は「高い…」というイメージを持つ方が多い中、弊社では必要以上の無駄な費用はかけずに、近隣に対してきちんと配慮された高性能な防音室をご提供していますので、お気軽にご相談ください。

関西最大手防音工事会社での実績防音工事の匠

カラオケの音量は弦楽器、木管楽器、金管楽器やロックバンド系などあらゆる楽器の中で中間ぐらいの90~100デシベルほどの音量です。したがって金管楽器やロックバンド系のような高性能な防音工事は不要です。 しかし、空気音の遮音や(細かな)低音の振動による最低限の固体音対策は必要です。 壁、床、天井をしっかりと工事して最低限の浮き構造体による対策が必要で、防音ドアや防音サッシなども必要です。 また、特殊なエアコン配管工事や防音換気扇取り付け電気スイッチ、コンセント照明配線工事などが必要です。

古民家再生ショールーム防音工事の匠はショールームがあります

ピアノ防音室

実際に防音工事の匠が施工した防音室で防音性能を体験することで、当社の防音室の機能・音響などを体感していただけます。
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物にショールームがある会社さんが多い中、特に施工後にショールームと性能や音の反響がちがうといったトラブルが戸建てのお客様に多い業界ですが、町家再生事業として難易度の高い防音室を防音性能が最も出にくいとされる木造町家のショールームをご用意いたしました。

カラオケ用防音室対応エリア防音工事の匠

防音工事の匠は、関西2府4県(大阪、京都、兵庫・神戸、滋賀、奈良、和歌山)を中心に、全国各地の防音工事に対応いたします。
「自宅で24時間、カラオケを楽しめる防音室が欲しい」「在宅時間を家族で楽しむためのカラオケルームが欲しい」など、カラオケ用防音室の防音工事をご検討中のお客様はお気軽にお問い合わせください。
なお、防音工事の匠では、大阪市中央区に防音体験ルームを設けております。今まで防音室の中に入ったことが無くて、どれほど音漏れを防ぐことができるのか全くイメージできない…などの不安がある方は、 実際に防音室を体験してみたうえで、防音工事を行うかどうかを検討してみてはいかがでしょうか?
弊社の防音体験ルームには、ピアノを常設していますが、持ち運び可能な楽器であれば、体験ルーム内で実際に演奏してみていただくことも可能です。
防音体験ルームのご予約は、問い合わせフォームから可能ですので、ぜひお気軽にご利用ください。

カラオケ用防音室をするにあたって防音工事の匠

防音工事の匠は、大手カラオケボックスチェーン店様の防音工事も数多く手がけています。そのため、個人の方がカラオケ用の防音工事を検討した場合でも、商業レベルの本格的なカラオケルームのご提供が可能です。
なお弊社は、数ある防音工事業者の中でも、完成した防音室の性能保証を含めたアフターケアは、どこよりも充実させていると自負しています。
防音工事の匠が手掛ける防音室に関しては、今までも、そしてこれからも、全ての防音工事において性能保証をお約束します。
防音工事の性能保証については、工事前後に数値の測定を行って、お客様にも確認していただきますが、決して騒音計の数値だけを重視するわけではなく、数値以外の面でもきちんと対応させていただきます。
防音工事に業者の中には、数値のみを防音工事の指標として、お客様を抑え付けるようですが、弊社では、音響、防音性能、そして防音室のデザインにまでこだわり、 全ての面において「防音工事の匠に相談してよかった!」とお客様に思っていただくことが大切だと考えています。
弊社の防音工事の施工は、全ての現場を自社の管理者と職人でまかなっています。したがって、現場には、豊富な知識と高いスキルと持つスタッフが常駐していますので、不安やご質問があれば、すぐに声をかけてみてください。

このページの先頭へ