最近よくある防音工事の依頼ケースは?工事を依頼することのメリット・デメリットもご紹介!

近年では、生活様式の変化や趣味の多様化から、防音工事のニーズがどんどん高くなっていると言われています。特に、マンションなどの集合住宅では、ライフスタイルが全く異なる様々な人が同じ建物内で生活することになるため、ちょっとした生活音で近隣トラブルに発展してしまう…ということも増えているのです。

実際に、この記事を読んでいる方の中には「夜に隣の部屋から聞こえてくる音に悩まされている…」「自分が出す音で苦情を言われた…」など、既に音の問題を抱えてしまっている方も多いかもしれませんね。それでは、こういった場合にはどういった対策を取れば良いのでしょうか?もちろん、目に見えない音の問題ですので、防ぎたい音の種類やレベルによって必要な対策と言うのは全く違ってきてしまいます。そのため、現在気になる音がある方でも、どんな対策を取れば良いのか分からない…「そもそも専門業者に依頼するような音の問題なのだろうか?」と言うことに疑問を感じる方も多いようです。

そこでこの記事では、近年ニーズが高まっていると言われる防音工事について、専門業者に工事を依頼するような人の悩みがどのような物なのかをご紹介します!

防音工事の依頼が多いケースとは?

一口に防音工事と言っても、工事を依頼するお客様によって問題となっている音の種類は全く異なります。例えば、お子様にピアノを習わせることになったから、いつでも練習ができるようにしっかりした防音室が欲しい…などと言う本格的な防音工事から、外からの音が気になるので、窓だけ防音仕様にしたいなど、スポット的な防音工事まで、お客様の要望はさまざまなのです。

特に近年では、マンション暮らしの方が増加していることもあり、ご家庭ごとの生活空間が非常に近くなっていることで、本当にちょっとした生活音が気になってしまい、専門業者に相談してみるというケースも増えているのです。そこでまず、現在ニーズが高まっていると言われる防音工事について、どういったケースの依頼が多いのかと言う点からご紹介しておきます。

近年多い音の悩み

それでは、近年お客様から相談されることが増加している音の悩みについていくつかのケースをご紹介しておきましょう。専門業者による防音工事は、もともとピアノ室やホームシアターなど、高いコストがかかるにしてもそれを実現する必要がある趣味を持つ方が行うことが多かったです。しかし近年では、こういったパターン以外の、日常生活上にある音の問題を解消するために防音工事を行うという方が増えているのです。
以下でご紹介しておきます。

  • 外から入ってくる音を小さくしたい…
    幹線道路や線路沿いの住宅・マンションなどに住むお客様から、屋外から聞こえてくる音を何とかしたい…という要望が増えています。こういった外からの音に対しては、窓や壁の防音対策がオススメです。
  • 生活音が気になる…
    マンションなどの集合住宅に住んでいる方からの依頼で、隣のテレビの音が…上階の足音が気になる…などと言う、生活音に関する防音対策も増えています。この場合、防ぎたい音が何なのか?によっても必要な防音工事は異なります。なお、室内でペットを飼い始める方の中には、近隣に迷惑をかけないように、自宅の音漏れ対策を依頼してくるというパターンも増えています。
  • 楽器演奏のため…
    ピアノや管楽器など、仕事や趣味の関係で自宅でも楽器の練習をしたい…と言う方からの防音工事の依頼は多いです。演奏予定の楽器により必要な防音レベルが変わりますので、実際の施工前に業者と詳細な打ち合わせが必要不可欠です。なお、この場合、特定の部屋を丸ごと防音室にするというパターンや、ユニット型の防音室を設置するという手段が存在します。どちらにせよ、上記の2つの悩みに比べ、工事にかかる費用は高額になってしまいます。

このように、近年では、生活音の悩みを解消するため、専門業者に防音工事の相談をするというケースが急増しています。

防音工事のメリットとデメリットは?

それでは、専門業者に防音工事を依頼することのメリットとデメリットについても考えてみましょう。音の問題に関しては、インターネットなどで少し検索してみただけで、「自分で出来る簡易防音対策の方法」などもたくさん出てきますし、ホームセンターや通販で防音対策グッズなどを手に入れることも容易です。そのため、中には「わざわざ高いお金を払って専門業者に依頼するメリットは何?」と疑問に思ってしまう方も少なくありません。
そこでここでは、専門業者に防音工事を依頼した場合のメリットや、その逆のデメリットについて簡単にご紹介しておきます。

防音工事のメリット

まずは、業者に工事を依頼する場合のメリット面からです。以下のような事が主なメリットになります。

  • 高い防音効果が得られる
    最も大きなメリットは、専門知識を持った業者に対策を施してもらうため、高い防音効果が得られると言う点です。自分で行う簡易防音対策では、適切な対処となっていない場合も多く、お金と時間を使ったのに何の効果も得られなかった…なんてことも少なくありません。しかし、専門業者に依頼した場合には、コストをかけた分の効果が確実に得られます。
  • 近隣トラブルの不安がなくなる
    根本的な音の問題が解消できますので、快適な住空間をつくることができ、外部環境に悩まされることがなくなります。また、自分が騒音トラブルの原因となることもなくなりますので、余計なトラブル回避が可能です。
  • 安心して子育てができる
    「赤ちゃんは泣くのが仕事」と言われますが、それでも深夜に大声で赤ちゃんが泣くと、近隣に迷惑なのではないかと不安に感じてしまいます。そして、そのストレスから体調を崩してしまうような人もいるのです。集合住宅などで子育てする場合、壁や窓、床の防音対策をしておけば、夜中にお子様が泣いても、安心してあやすことができるようになります。子育て中に余計なストレスを感じることなく、安心して子供の成長を見守れるのは大きなメリットになるでしょう。
  • 楽器演奏ができる
    自宅で楽器演奏をしたい方であれば、防音工事をすることにより時間帯を気にすることもなく、楽器の演奏ができるというメリットがあります。

防音工事のデメリット

業者による防音工事は、上記のようなメリットがたくさん存在しています。しかし、いくつかのデメリットが存在することも確かですので、以下の点は覚えておきましょう。

  • コストがかかる
    専門業者による防音工事は、それなりのコストがかかってしまう…と言うのが最大のデメリットです。自分で行う場合でも、材料や道具を用意するのに数万円の費用が必要になるのが一般的ですが、専門業者による工事となると、最低でも数十万円単位、防音室まで作るとなると数百万円単位のコストになります。
  • 防音室を作る場合、部屋が狭くなる
    楽器演奏やホームシアターなど、本格的な防音室を作る場合、部屋が狭くなってしまう…と言うデメリットがあります。防音室は、部屋の中に部屋を作るという工法となるため、6畳程度の部屋であれば、5畳ぐらいまで狭くなると考えておきましょう。
  • 防悪徳防音業者もいる
    せっかく高いコストをかけたのに、希望したレベルの防音効果が得られなかった…なんてパターンも考えられます。ニーズの高まりとともに、防音工事業界に参入する企業が増えており、中には専門知識は何も持っていないのに防音工事業者を名乗っている場合もあるのです。業者の実績や評判、打ち合わせ時の知識など、しっかりと業者自体を見極める必要があると考えておきましょう。悪徳業者に工事を依頼した場合には、その工事はデメリットしかない…なんてことも考えられます。

防音工事を依頼する場合の注意点

それでは最後に、専門業者による防音工事をご検討中の方に向けて、ぜひ押さえておきたい注意点もご紹介しておきます。デメリット面でご紹介していますが、防音工事業者を名乗っている会社全てが、本当に専門知識を持っているかと言うとそうではなく、中には「ただのリフォーム会社が防音工事業者」を名乗っているというケースもあるのです。
実際に、工事を依頼する前に、以下の点はおさえておきましょう。

業者の見極めは非常に重要

防音工事は、専門知識が必要な工事ですので、一般のリフォーム工事と比較すればどうしても割高になってしまいます。そのため、いくつかの業者に見積もりを依頼し、それを比較検討するのが一般的です。
こういった業者選定を行う場合には「安い業者の方が良心的よね!」と考えてしまう方もいるのですが、決してそうではないのです。あまりに安い見積書を提出してきた場合、見えない位置でグレードの低い材料が使用されている、必要な工程を省かれてしまう…など、質の低い防音工事になってしまう危険があります。
したがって、工事を依頼する業者は、価格だけでなく、本当に知識と技術を持っているのか?と言う点もしっかりと確認しておきましょう。

ハウスメーカーの紹介は割高の可能性も

新築時点で防音工事をご検討中の方であれば、ハウスメーカーに防音工事業者を紹介してもらうのが安心と考えるものです。もちろん、ハウスメーカーの推薦ですので、一定以上の技術を持った業者と考えられ、防音性能自体にはそこまで問題が生じることはないと思います。
ただし注意が必要なのは、ハウスメーカーからの紹介の場合、工事にかかる費用が割高になってしまう可能性があるのです。ハウスメーカーからの紹介の場合、業者は一定の紹介料を支払いますので、それが工事料金に上乗せされてしまう場合がほとんどです。「多少高くても安心できる業者なら良い」と言うのであれば良いですが、安く効果的な防音工事がしたいと思っているのであれば、自分でも業者を探し、比較するのがオススメです。

補助金が使える場合がある

防音工事は、自治体などから補助金が支給されるケースがあります。業者によっては、契約前にきちんと補助金のことも教えてくれる場合もありますが、手続きなどで時間がかかることから、お客様から言われない限り説明しない…と言う業者も多いのです。以下のような家で、防音工事を行う場合、業者に補助金が使えないか質問してみましょう。

  • 幹線道路沿いの家
    沿道整備道路(環状七号線、環状八号線など)として指定された道路の沿道で、防音構造に関する条例の定められた区域の場合、「幹線道路の沿道の整備に関する法律(沿道法)」に基づき工事にかかる費用に補助金が出るケースがあります。
  • 自衛隊・米軍基地の近く
    自衛隊・米軍基地の飛行場周辺の家は、防音工事にかかる金額が助成されます。この制度は、施設周辺に住む人の騒音による障害を防止・軽減するために作られた制度で、原則として工事費用全額が助成対象になります。
  • 空港の近く
    航空機による騒音が著しいと国に判断された『第一種区域』の場合、防音工事にかかる費用の一部が助成されます。

まとめ

今回は、近年ニーズが高まっていると言われている防音工事について、どのような悩みで防音工事を考えるのか?また、実際に防音工事を行うことにどういったメリットがあるのかをご紹介してきました。

この記事をご覧になった方の中にも、現在防音工事をご検討中の方も多いと思いますので、ぜひ参考になればと思います。

スタッフ A

大阪で20年間にわたって防音工事に携わってきました。
防音工事に関しての事、音に関する豆知識などを配信しております。

古民家再生ショールーム防音工事の匠はショールームがあります

ピアノ防音室

実際に防音工事の匠が施工した防音室で防音性能を体験することで、当社の防音室の機能・音響などを体感していただけます。
鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物にショールームがある会社さんが多い中、特に施工後にショールームと性能や音の反響がちがうといったトラブルが戸建てのお客様に多い業界ですが、町家再生事業として難易度の高い防音室を防音性能が最も出にくいとされる木造町家のショールームをご用意いたしました。

このページの先頭へ